Bill LaBounty / Dream On

LINEで送る
Pocket

こんばんは、Rockyです。本日はAOR好きにはお馴染みのミュージシャンBill LaBountyでいきましょう。

AORの中でも、通に人気の高いBill LaBountyですが、売れるまでにはかなり苦労をした方かと思います。元々はあのSteve EatonとFat Chanceというバンドを組んでいましたが、全く売れず解散。お互いにソロになり、1975年に20thセンチュリーレーベルから1stアルバム『Promised Love』をリリース。しかしながらこちらも全くセールスは振るわず、勿論日本でもリリースはなし。
因みにSteve Eatonですが、この方もとても素晴らしい曲を書くシンガーソングライターで、名前を知らなくてもこの人の曲を聴いたことある人は多いかもしれません。有名なのはCarpentersのカヴァーした『All You Get From Love Is A Love Song / ふたりのラヴ・ソング』やArt Garfunkelのカヴァーした『Rag Doll』とかでしょうか。

さて、Billが陽の目を見るのはCurb Recordsに移籍してからになります。1978年にリリースされた『This Night Won’t Last Forever』がビルボードで65位に入り、めでたく名を馳せることになります。その後1979年には『Rain in My Life』をリリース。このアルバムでサウンドはかなり洗練されたと思います。

今回紹介するのは80年代に入ってからの最初のアルバム。AOR史に燦然と輝く名盤とも言われている『Bill LaBounty』です。自分の名前をアルバム名にする時って気合入れて作っているアルバム多いですね。その通りこのアルバムは名曲揃いの名盤。AORのコンピレーションCDに高確率で収録される『Livin’ It Up』が収録。コンピでこの曲聴いてBillを知った方も多いのではないでしょうか。ミュージシャンも今までのアルバムの中で一番豪華だと思います。

ドラムにはAndy Newmark / Jeff Porcaro / Steve Gadd、ベースにはChuck Rainey / Willie Weeks
パーカッションにLenny Castro、ギターにはAl Perkins / Dean Parks / Steve Lukather
鍵盤にはClarence McDonald / Greg Phillinganes / Ian Underwood/ Nyle Steiner
コーラスにはJames Taylor / Leslie Smith / Stephen Bishop / Patti Austin、サックスにDavid Sanborn。
今回の曲ではリズム隊はJeff PorcaroとChuck Raineyのコンビ。片手16のハイハットワークに安定したグルーヴ。しかも今回は職人中の職人ギタリストDean Parksが殆どソロをしております。この方あまりソロをしない方なのでとても珍しいです。またこの人はバッキングにおいては神の領域の方です。Steely Danがこの人を頼るのも納得です。
このアルバムではBillはFender Rhodesのみ弾くことに徹し、他はスタジオミュージシャンに任せております。そりゃそうだ、こんな凄い人達呼んどいてBillが出来ることはあまりないと思う(^_^;)

で、このアルバムはジャケットのバリエーションがあるので、違うアルバムなのかと勘違いしますが、中身は一緒ですのでご注意を。この時期のAORのジャケットはよく差し替えあった時。理由はオリジナルジャケだと売れないから…ジャケだけでなく、原題まで勝手に差し替えられるから本人はたまったもんじゃないですな( ̄▽ ̄;)
このアルバムも原題『Bill Labounty』ですが、邦題『サンシャイン・メモリー』ですよ?当時の人達のネーミングセンスは凄いわ(^_^;)でも、それで覚えている人もいまだにいるので、インパクトは凄いんだなと。
Grover Washington Jr.の『Just the Two of Us』も『クリスタルの恋人たち』ですからね、なんじゃそりゃw

左上:オリジナルジャケット / 右上:日本盤オリジナルジャケット / 右下:CD盤ジャケット

1982年 / Album /『Bill LaBounty』/ Bill LaBounty / Dream On

LP / BSK 3632 (輸入初版盤)
LP / P-11134 (国内初版盤)
CD / CUR 477158 2 (輸入初版盤)
CD / B23D-41089 (国内初版盤) / ALCB-315 (国内再発盤) / SICP 4902 (国内最新盤)

  • Producer – Russ Titelman
  • Strings Arranged – Johnny Mandel
  • Horn Arranged By – Jerry Hey
  • Written-By – Bill LaBounty / S. Geyer
  • Vo / Piano –Bill LaBounty
  • Cho  – Leslie Smith
  • Drums – Jeff Porcaro
  • Percussion – Lenny Castro
  • Claves – Russ Titelman
  • Bass – Chuck Rainey
  • E.Guitar – Dean Parks / Steve Lukather
  • Fender Rhodes – Greg Phillinganes
  • Synthesizer – Ian Underwood
  • Trumpet – Chuck Findle / Jerry Hey
  • Saxophone – Kim Hutchcroft

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA