Ned Doheny / Finefine

LINEで送る
Pocket

こんばんは、Rockyです。本日West Coast Rock第5弾はAOR界では有名なNed Dohenyを。

West Coast Rockは渋さ追求重視型、爽やか重視型、ロック指向重視型等の色々なタイプに分かれますが、Ned Dohenyはその中では典型的爽やかさ重視型のWest Coast Rockの部類に入るかと思います。

彼の1番有名なアルバムは3年後にリリースされるAORの名盤『Hard Candy』ですが、この1973年の1stアルバムも中々の名盤だとRockyは思います。

ソングライターとして活動していた実績もあるので、作詞・作曲のセンスは折り紙付きです。1981年にChaka Khanに提供した『What Cha’ Gonna Do For Me』はNedとAvrage White BandのHamish Stuartの共作によるものですが、これを聴けば更に素晴らしさが分かるかと思います。

さて、Nedはこのアルバムでは全編でギターを担当。決してテクニカルギタリストではないですが、ちゃんと自己主張もするご機嫌なプレイを披露。
バックメンバーをみていきましょう。数々のアーティストのバックを務めるセッションドラマーGary Mallaber、Russ Kunkelも在籍していたバンドThings To ComeのメンバーであったBryan Garofalo、当時Santanaに在籍していたRichard Kermode、JAZZの大御所Don Menza等強者揃いです。

1973年 / Album『Ned Doheny』/ Finefine / Ned Doheny
LP / SD 5059 (輸入盤)
LP / IAP-80895 (国内初版盤) / P-10606Y (国内再発盤) / P-6431W (国内再々発盤)
CD / 18P2-2770 (国内初版盤) / WPCR-668 (国内再発盤) / WPCR-18022 (国内最新盤紙ジャケ)

  • Written By Ned Doheny
  • Vo / A.Guitar / E.Guitar – Ned Doheny
  • Cho – Graham Nash
  • Drums – Gary Mallaber
  • Bass – Bryan Garofalo
  • Bass / A.Bass – David Parlatta
  • Piano – Richard Kermode
  • Piano / Organ / Synthesizer [Moog] – Jimmy Caleri
  • Organ – Michael Utley
  • Vibraphone – Gary Mallaber
  • Cabasa – Richard Kermode
  • Tenor Saxophone / Horn Arrange – Don Menza
  • Trombone / Bass Trombone – Slyde Hyde

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA