Samuel Purdey / Lucky Radio

LINEで送る
Pocket

こんばんは、Rockyです。Steely Danファンの方お待たせしました。本日はSteely Danではなく、Steely Danの
フォロワーを紹介しようかなと思いますw

Steely Danと言えばアメリカ史上最高のAORバンド。彼らがミュージシャンに多大な影響を与えたのは言うまでも
ありません。当然ながらフォロワーも沢山います。70年代はThe Bliss Band、80年代だとSneakerでしょうか。それ以降は更にGrooveattic / JaR / Smooth Reunion / Talc等沢山いますが、その中でもずば抜けたフォロワーはMonkey House / Samuel PurdeyかなとRockyは思います。今回はそのSamuel Purdeyをお届けします。

Samuel PurdeyはBarney HurleyとGavin Doddsからなるユニット。皆さんはJamiroquaiはお好きですか?
音楽好きな方ならお気づきかもしれません。彼らは初期のJamiroquaiのツアーサポートメンバーに在籍してた人物。

音楽マニアの二人は70年代のAOR / Soul / Funk / Rockに多大な影響を受け、曲を制作する際には70年代のソングライティングの手法や、演奏方法をリサーチし、それらを参考にして何十年経っても通じる音楽を作る拘りよう。
レコーディングに集められたメンバーもかなりの通好みの人選となっています。

Steely Danの名曲『Reelin’ In The Years』で素晴らしいソロを弾いたElliot Randall。
Steely Dan / Blood, Sweat & TearsのバックやThe WritersのメンバーでもあるFrank Floyd。
JamiroquaiのベーシストStuart ZenderやBrand New HeaviesからはAndrew Levy / Jan Kincaid。
CorduroyからはBen / Scott Addison。
極めつけがSteely Danのミックスを担当したエンジニアのElliot Scheiner起用。
Steely Danのレコーディングメンバーや当時のAcid Jazz仲間たちが大集合です♪拘りが半端ありません。

Gavinの歌声もかなりDonald Fagenの声にそっくりなので、最初聴いたときSteely Danの新譜かと勘違いするほどで( ̄▽ ̄;)Barneyのドラムもタイトで気持ち良い。

リリースは1999年。当時J-WAVEでかかっていて、それ聴いて速攻買いに行った記憶があります。もう21年かぁ、早いなぁ時間が経つの…。

今人気のSuchmosはかなり影響を受けてますね。彼らがナビゲーターをしていたJ-WAVEの番組「THE KINGS PLACE」でSamuel Purdeyを紹介してました。相当聴き込んだみたいです。この時ラジオ聴いていたのですが、熱弁しておりました。今の若いミュージシャンがこーいう音楽を聴いて、Suchmosのような素晴らしいミュージシャンが今の日本の音楽シーン引っ張ってくれるのはおっさんのRockyとしてはとても嬉しい♪

長らく廃盤でしたが、11年前にリマスタリングされ、更に未公表音源が追加されたリイシュー盤が出ていますので、そちらをお勧めします。また去年の2019年に完全初回限定生産ではありますが、アナログ盤もリリースされておりますので、そちらもお薦めです♪
リリースされる毎に若干ジャケットが違うので、それを目印にして購入すると良いかもです。下記参照

Rockyの私物[左上:初版盤 / 左下:再発盤/ 右:完全初回限定生産アナログ盤]

1999年 / Album /『musically adrift』/ Samuel Purdey / Rucky Radio
LP / PLP-6959 (完全初回限定生産アナログ盤)
CD / QTCY-73009 (国内初回盤) / XQCF-1013 (国内再発盤) / PCD-18863 (国内最新盤)

  • Produced By – Samuel Purdey
  • Written-By – Barney Hurley / Gavin Dodds / Neil Cowley
  • Vo – Gavin Dodds
  • Cho – Ben Addison / Scott Addison / Jan Kincaid / Gavin Dodds
  • Drums – Barney Hurley
  • Bass – Andrew Levy
  • E.Guitar – Elliot Randall
  • Piano / Fender Rhodes / Wurlitzer / Clavinet / Moog – Neil Cowley
  • Fender Rhodes – Ceri Evans
  • Percussion – Paul (Pablo) Cook
  • Trumpet – John Thirkell
  • Trombone – Winston Rollins
  • Saxophone – Michael Smith
  • Violins – Clare Hayes / Martin Burgess
  • Viola – Fiona Bonds
  • Cello – Williams Schofield

LINEで送る
Pocket

“Samuel Purdey / Lucky Radio” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA